ハーレーのカスタムパーツは2種類 純正パーツ・社外パーツ

ハーレーに乗る

ハーレーをもっと楽しむためにカスタムパーツを購入してみましょう。カスタムパーツに交換することにより機能面がアップし見た目がかっこよくなるので自己満足感を得られるでしょう!

基本的にハーレーのパーツは大きく分けて社外品と純正パーツが用意されています。純正パーツはハーレーが独自に販売しているもので、同社のバイクと相性は抜群です。トレンドのハーレーブランドが販売するバイクパーツも簡単に手に入れることができます。ただし古いものは廃盤になってしまう可能性も高いのが欠点です。パーツ数も多く荷物を積むときに便利なサドルバッグリッドブラキットや、風の影響を防ぐデタッチャブル・キングサイズ・ウインドシールドなどがあります。

ハーレー社以外のメーカーが販売しているパーツが社外パーツです。こちらはメーカーが独自に企画販売している商品で純正パーツではありません。社外パーツのメリットは純正パーツに比べて非常にリーズナブルな金額で購入できる部分です。多くのメーカーが販売しているのが特徴で種類も多くデザインバリエーションも豊富です。

ブランドごとに個性もあり個性的なハーレーにカスタムしたいときに便利でしょう。

ヨストパフォーマンスプロダクトはパワーチューブやニップルなどの吸気系のアイテムを製造しています。L・Aチョッパーズはハンドルバーやマフラーといった、豊富なカスタムパーツを作っているのが特徴です。

生産中止になったダイナモデルはハーレーの中でも人気のモデル

フェンダー

ハーレーは2018年に新型ソフテイルを販売しましたが、このとき既存のダイナモデルがソフテイルに統合されました。これによりダイナモデルは生産中止になりました。

ダイナモデルは2018年だと中古品での購入を余儀なくされています。ソフテイルに統合されたダイナモデルはハーレーの中でも人気の高い車種です。ツインカムと呼ばれるエンジンを搭載している車種で、これは大排気量を実現しています。またビンテージハーレーの良さを実現するためにリジッド型のフレームを搭載します。高いライディング性能を実現するためにサスペンションは2つ装備されているのが特徴です。ダイナモデルはファミリーで展開されているのが特徴で初心者から上級者まで楽しめます。

初心者向けの購入しやすい価格で販売されているのがFXDBストリートボブです。エイプハンガーと呼ばれる独特のハンドルバーが特徴的な車種で、これは猿が木にぶら下がっているかのようなスタイルから名付けられました。全体的にブラックカラーで統一されたクラシカルなデザインをしています。

他のバイクに比べるとカスタムもしやすく、バイクのカスタマイズを重視したい方にも適しているでしょう。ファットボブは他のモデルとは一線を画する見た目をしています。前後16インチディッシュホイールやデュアルヘッドライトなど個性的なデザインが施されています。接地面が大きく直進も安定しているため、高速道路の走行に適しているモデルです。

ヘッドライト