ハーレー乗りはノーマルデザインよりもカスタムを好む傾向にある

赤いハーレー

ハーレーと言えばカスタムというイメージが広まっている通り、ハーレー乗りの多くは愛車に独自のカスタムを施しています。走行性能の向上を図る実利的な目的の他、個性を演出するために華やかなアクセサリーパーツを多用するケースもあります。

バイクを自分好みにカスタムする行為は珍しくありませんが、ハーレーはその傾向が顕著です。
ハーレー社が販売するノーマルモデルも美しいフォルムとパワフルな走行性能を持っているので、ハーレーそのものがカスタム必須なバイクというわけではありません。それでもハーレー乗りがカスタムにこだわるのは自分だけの個性を磨くことを尊重するアメリカ人の気質が影響しています。

ハーレーはアメリカ生まれの大型バイクで、武骨でありながらもシャープでスタイリッシュなデザインや悪路にも強い走行性能から急速に普及しました。荒野を疾走するハーレーは困難に立ち向かう開拓者魂の象徴と見なされ、アメリカ人にとって特別なバイクと位置付けられたのです。そのような気風から、メーカーからのお仕着せで満足せずに自分でカスタムすることが一人前のハーレー乗りの条件という考え方が広まったと言えます。この考え方はハーレーの普及と共に各地へ広く伝わり、日本でもハーレー乗りの美学として受け継がれています。もちろん、ノーマルハーレーのデザインの美しさを否定するものではないことも忘れてはいけません。

愛用のハーレーを自分好みにカスタムするのは個性の表現だけに留まらず、ハーレー乗りの気質や美学の体現でもあります。ノーマルでも美しいハーレーですが、それに満足して終わるのではなく、自分だけの個性をこだわりのカスタムで表現することに大きな意味があると言っても過言ではありません。